お茶は静岡

お茶といえば、日本ではまず静岡県がイメージされます。静岡茶は牧之原台地、その周辺が最大の生産地となっていて、生産量については日本国内において第一位となっています。宇治茶と静岡茶が、『日本2大茶』と呼ばれています。毎年の11月1日は、静岡市が『お茶の日』として定めています。新茶の時期だけでなく、人々に一年中お茶に親しんでほしいという願いから制定されたものです。静岡県で主流となっているのはやぶ北茶などといった煎茶や深蒸し茶の生産であり、そのほかにも岡部町で玉露が生産されているなど、栽培されている種類はさまざまです。基本的にはコクがあって旨味が凝縮されていて、ほうじ茶などは香ばしくさっぱりした味わいになっています。


ライブハウス 渋谷 料金

芸能人について調べてみました。

リノベーション 吹田 マンション

靴ひもに関するサイト